■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2019年08月 次月>>
■新規ブログ■
■カテゴリー■
■アーカイブ■
■リンク■
■学芸員■
■その他■


史料館所蔵の資料が展示されています。
去る6月30日、バーレーンで開催された第42回世界遺産委員会で「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されました。
そのため、現在、潜伏キリシタンの歴史が注目を集めています。
そんな中、長崎市の大浦天主堂キリシタン博物館では、企画展「復活の島・五島列島 潜伏キリシタンの信仰と歴史」が開催中です。



(展示風景 写真提供:大浦天主堂キリシタン博物館)

この企画展に、大村市立史料館からは大村藩の禁教政策に関する2点の古文書を出品しています。


(右側の上下2点の古文書が出品資料 写真提供:大浦天主堂キリシタン博物館)

この古文書は、大村藩主の大村家と、藩の家老だった大村彦右衛門家に伝わったもので、大村藩の禁教政策や外国船対応などを物語るものです。
(詳しい内容については展示で御確認を…)
大村藩では、1657年(明暦3年)に、多くの潜伏キリシタンが逮捕・処刑された「郡崩れ」が発生しています。
出品資料以外にも、大村家や大村彦右衛門家の古文書には、純忠以来のキリスト教の影響を払しょくしようとする大村藩の姿を伝えるものが残されています。
これらについては、『新編 大村市史』第3巻近世編など、いくつかの書籍でも触れられていますので、興味がある方はぜひ御一読ください。

さて、この企画展では、1868年に厳しい弾圧を受けた、五島市の久賀島(ひさかじま)の潜伏キリシタンに関する資料が展示されており、報道でも紹介された信仰資料も展示されています。


(写真提供:大浦天主堂キリシタン博物館)

世界文化遺産登録記念・久賀島殉教150周年「復活の島・五島列島 潜伏キリシタンの信仰と歴史」は、大浦天主堂キリシタン博物館(長崎市南山手町5‐3)の旧長崎大司教館2階展示室で9月26日(水)まで開催しています。



| 投稿者 : 山下 和秀 | 01:06 PM | 学芸員のひとりごと |
PAGE TOP ↑