■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
<<前月 2019年02月 次月>>
■新規ブログ■
■カテゴリー■
■アーカイブ■
■リンク■
■学芸員■
■その他■


「郷土史クラブの挑戦 2017」開催中!
今年も郷土史クラブの作品が帰ってきました。
早いもので、この企画展も8回目となりました。
今年も13の小・中学校の郷土史クラブの力作が展示されています。

毎年、子どもたちの研究テーマのバラエティーの多さに驚いています。
例えば、西大村中学校は長崎空港について調べてくれました。

長崎空港も開港から40年が過ぎ、大村の大事な歴史の一コマになってるんですね…。

次に、驚きの事実を紹介してくれたのが玖島中学校

なんと、あのヘレン・ケラーが大村に来ていたんですね。私も初めて知りました。

自分たちの学校の謎に迫ったところもあります。
福重小学校は、学校の歴史と校内にある「白馬様(しらうまさま)」の伝説を紹介してくれています。


今年も、大村の偉人や地域の歴史を調べてくれています。
大村中学校は、大村喜前や千葉卜枕、渡辺兄弟、楠本正隆の業績などをわかりやすくまとめてくれています。


放虎原小学校は天正遣欧使節について調べました。四人の肖像画は必見ですよ。


地域の史跡や文化財やを調べてくれたのは大村小学校と鈴田小学校です。
大村小は玖島城や円融寺などについて、鈴田小は地元の人への取材で分かったお墓などを紹介してくれています。
 

私たちが何気にお参りする神社。地域の神社について調べてくれたのが、西大村小学校と竹松小学校です。
 
どちらも、お参りの作法についても紹介していますよ。

長崎街道と言えば、別名「シュガーロード」とも言いますよね。
この砂糖文化と長崎街道、大村の郷土料理との関係を調べてくれたのが旭が丘小学校と富の原小学校です。
 

戦国時代の大村と言えば、キリシタンや大村純忠の歴史ですね。
中央小学校は純忠の居城三城城の城下町について、三城小学校は南蛮屏風に描かれた人物について調べています。
 
今年も工夫をこらした郷土史クラブの作品が展示室を彩っています。
期間は4月9日(日)まで。
ぜひ、多くの皆様にご覧いただきたいと思います。


| 投稿者 : 山下 和秀 | 04:12 PM | 学芸員のひとりごと |
PAGE TOP ↑